16.病院薬剤師と調剤薬局薬剤師

注射

病院薬剤師と調剤薬局薬剤師、どちらも医療の現場に携わる仕事ですが、具体的にはどんな違いがあるのでしょうか? ここでは、薬剤師の主要な業務である調剤と投薬を例にみてみましょう。

実際の業務で調剤がメインなのは同じです。薬剤師の基本業務ですね。その調剤でも大きく違うところは、注射剤を扱うか否か、です (薬局でも在宅の患者さんなどに対して注射剤を混合することがありますが、まだとても珍しいケースといえるでしょう。平成24年の調剤報酬改定で、 「無菌製剤処理を行うための専用の部屋」いわゆる無菌室がない薬局でも、注射剤の調剤での調剤報酬が算定できることとなり、 今後薬局でも注射剤の調剤の増加が見込まれています)。

患者さんの顔を見ながら服薬指導する点も同じです。服薬指導に関して病院の大きなメリットは、カルテを見られることです。調剤薬局では、 処方箋を見ただけではその薬が何の病気に対して投与されているのかわかりません。わからないままでは服薬指導もできないので、処方箋の内容から 推測しつつ患者さんのお話をうかがい投与目的を類推するしかないのです。

このように、病気に関しては薬局ではあくまで推測するしかできないのです。もちろん、患者さんからの申告が事実その通りで、問題のないケースが ほとんどですが、中には正確に自分の病気を把握していない患者さんもいらっしゃるし、薬局で病気のことについてはあまり話したがらない患者さんもいらっしゃいます。 病状も把握せずに服薬指導をするのは、目隠しで道を進むようなもどかしさがあります。病院の場合は、カルテというこれ以上ない病気に関する正確な情報をもとに指導できるので、 その心配はありません。


TOP

1.病院薬剤師とは/ 2.病院薬剤師の仕事/ 3.病院薬剤師の一日/ 4.病院薬剤師の給料/ 5.病院薬剤師に転職するのは難しい?/
6.病院勤務の経験は無いのですが大丈夫?/ 7.病院薬剤師としてパートで働きたい/ 8.病院薬剤師のやりがい/ 9.病院薬剤師に求められるもの/
10.病院薬剤師求人を探す/ 11.どんな病院を選ぶ?/ 12.転職サイトを使ってみました/ 13.認定薬剤師制度/ 14.専門薬剤師制度/
15.調剤薬局から病院への転職/ 16.病院薬剤師と調剤薬局薬剤師/ 17.病院薬剤師が一番薬剤師の知識を活かせる?/ 18.病院薬剤師の転職履歴/
19.こんな転職サイトは避けましょう/ 20.転職サイトを使って、病院薬剤師になりました/