2.病院薬剤師の仕事

薬

病院薬剤師の仕事にはどんなものがあるでしょうか。

調剤・製剤業務、服薬指導、薬歴管理、医薬品の管理、医薬品情報の管理などは入院患者さんか外来患者さんかに関わらず行うものなので、薬局と似ているところがあります。近年は医薬分業が進んでいますので、外来患者に対しての調剤業務のない病院も増えています。病院薬剤師ならではの仕事には、注射薬の調剤(在宅医療を行っている薬局では、注射薬調剤をしているところもあります)や処方の設計、治験業務などがあります。 薬剤師の基本業務である、調剤と服薬管理、医薬品の管理は病院においてもやはり基本の業務です。

調剤業務は、併用禁忌や注意の薬はないか、量は適切かなど処方監査を十分行ったのち調剤し、服薬するために必要な情報を提供し投薬します。薬剤師が直接患者さんのところまで行くこともありますし、 看護師さん伝いに行っているところもあります。
注射薬の調剤もやはり処方監査を十分に行います。注射薬は直接体に入っていく薬なので、無菌状態で 行うその調剤はとても緊張します。

注射病院で取り扱う医薬品は、内服・外用薬に加えて、注射薬や検査薬・放射性医薬品・衛生材料など とても種類が多いです。その形状もさまざまで、医療用ガスなどはボンベで管理しなくてはなりません。
医薬品を管理し適切に供給できるようにすることは、病院業務を進めるのになくてはならない仕事です。
医薬品情報管理業務では、病院のスタッフや患者さんに医薬品の情報を提供するため、医薬品に関する さまざまな情報を収集し評価して管理しています。

医師に協力し、処方の設計に携わることもあります。抗生物質や抗がん剤、免疫抑制剤などの少しの違い でも、また同じ量でも患者さんによって大きく出方が変わってしまうような扱いの難しい薬剤は、患者さんの 血中濃度を測定し管理しながら、安全にかつ最も効果的に使用できるよう、チームで処方を組み立てて行きます。


TOP

1.病院薬剤師とは/ 2.病院薬剤師の仕事/ 3.病院薬剤師の一日/ 4.病院薬剤師の給料/ 5.病院薬剤師に転職するのは難しい?/
6.病院勤務の経験は無いのですが大丈夫?/ 7.病院薬剤師としてパートで働きたい/ 8.病院薬剤師のやりがい/ 9.病院薬剤師に求められるもの/
10.病院薬剤師求人を探す/ 11.どんな病院を選ぶ?/ 12.転職サイトを使ってみました/ 13.認定薬剤師制度/ 14.専門薬剤師制度/
15.調剤薬局から病院への転職/ 16.病院薬剤師と調剤薬局薬剤師/ 17.病院薬剤師が一番薬剤師の知識を活かせる?/ 18.病院薬剤師の転職履歴/
19.こんな転職サイトは避けましょう/ 20.転職サイトを使って、病院薬剤師になりました/